皇虫綺譚 六 -純酔な赤-

皇虫綺譚 六 -純酔な赤-

人間と皇虫人と呼ばれる種族が微妙なバランスで共存する帝都、東京。 帝都の片隅にある、濱胡の探偵事務所に今日も皇虫人絡みの不可思議な事件が舞い込んでくるのだった。 皇虫綺譚第六話 -純酔な赤- 森の中にある花園で白次(しろじ)は皇虫人を見掛け、禁断の花の蜜「紅酔杯」を口にしてしまう。 高熱にうなされる白次は駆け付けた濱胡に「紅色の皇虫人」の存在を告げるのだが…。 ページ総数:26P

人間と皇虫人と呼ばれる種族が微妙なバランスで共存する帝都、東京。 帝都の片隅にある、濱胡の探偵事務所に今日も皇虫人絡みの不可思議な事件が舞い込んでくるのだった。 皇虫綺譚第六話 -純酔な赤- 森の中にある花園で白次(しろじ)は皇虫人を見掛け、禁断の花の蜜「紅酔杯」を口にしてしまう。 高熱にうなされる白次は駆け付けた濱胡に「紅色の皇虫人」の存在を告げるのだが…。 ページ総数:26P